宇都宮市で水漏れ・つまり・凍結を水道修理

空気が混入した場合がほとんどである

修理隊

白く濁った水が蛇口からでてくる

白く濁ったお湯がすぐに透明に戻る場合には、水の中に溶けていた「空気」が原因です。冬場などの寒い日に水が急激に温められることで、水の中に溶けていた空気が水道管の中で膨張します。これが蛇口から出ることによって一気に弾けるため細かな気泡が発生して白く濁ったように見えてしまうということです。
災害や水道管の工事などが行われていた時に工事の影響で濁った水が一時的に住まわれているお宅で蛇口から白く濁った水が出てくることがあるからです。水を出したままにすることで水道管を通る水が本来の状態に戻ることがあります。これで改善すれば、今まで通り普通に水を使用し続けても問題はありませんが、いつまでも白く濁った状態が続く場合には水道管の老朽化によって亜鉛や鉄などが溶け出してしまっていることが考えられます。亜鉛や鉄と聞くと人体への影響が気になる方も多いと思いますが、実際にそうしたお湯を調理や飲料に利用しても大丈夫なのでしょうかといえば、実は亜鉛や鉄というのはどちらも私たちの体にとっては必要なもので、普段は食事を通して摂取しています。ですので、亜鉛や鉄が原因で白く濁っているお湯を使用しても、大量に飲むということでなければ健康への被害はないはずです。
ですが亜鉛や鉄が含まれたお湯というのは色や匂いが気になる方も多いため、その場合には別の水道管(給水管)へ交換することをおすすめします。

上記のように濁った水が出た場合には、他の場所からも濁った白い水が出てくる可能性がありますので宅内全体の蛇口からの吐水を確認する必要があります。仮に濁った水が出てきた場合には、同じようにしばらく水を出したままにすることで改善できる可能性がかなり高くなります。
それでも濁った水がでてくる場合や常に水が濁っている状態だった場合には、浄水器を取り付けてみることをおすすめします。ホームセンター。あるいは、家電量販店であれば、しっかりとした浄水器も販売されていますので水質が改善されるまでの対処法として浄水器を使用するのと効果的です。
これは一時的な濁りが発生しているときには効果的な方法なのですが浄水器を付けても改善されないようであれば、そのまま飲料水や料理に使用すると健康被害が懸念されることになりますので、すぐに業者に連絡をして点検してもらうことをオススメします。


栃木県の水道修理業者
copyright©2021 修理隊(栃木県) all rights reserved.