宇都宮市で水漏れ・つまり・凍結を水道修理

悪臭を発生させる汚れの種類について

修理隊

トイレ内で臭う原因とわ

トイレの臭いが気になる原因の多くが排せつ物やカビなどの汚れが原因となっています。
便器の後ろやタンクの底面。あるいは、便座の裏側など細かなところの掃除がしにくく吹き残しが多くある常呂が原因になっていることもあります。また、便器と床の隙間から匂いが漂ってくることもあるのですがこの原因が普段力をオーバーフローした排泄物や汚水があふれ出ていることも原因となっていることがあります。
普段は掃除していない場所に汚れが溜まり、そこから臭いが発生していることでトイレで悪臭が発生する原因となっていますので、悪臭を発生させる汚れの種類から確認していきましょう。

便や尿の臭い
トイレが臭うのは、排せつされた便や尿が便器とフランジの間、あるいは、トイレ内の壁や床に付着していることが考えられます。目に見えるほどの便や尿ではなくても、わずかにはねた尿でも臭いの原因になっていることが多くあります。排せつ時の臭いが床や壁などにしみついている可能性やトイレの換気をしていなく臭いがこもっていることがあげられます。
便器やタンク内外に発生したカビ
便器やタンクには常に水があるのでカビが発生しやすい環境です。特に、タンクの底面や便器の裏側と壁の間など、普段から掃除が行き届かない部分に悪臭の原因が蓄積しやすくカビが発生しやすい部分でもあります。カビ臭がする場合ときには、タンクや便器の周辺を疑ってみてください。また、洗浄ブラシや洗浄用スポンジの入れ物に臭いの原因があることもあります。
飛び散った尿ハネに雑菌が繁殖した臭い
特に男性が使用するトイレに多いのが尿ハネによる臭いです。便器内部や便座。あるいは、便器周辺床や壁などにも尿ハネした場合に雑菌が繁殖して独特のアンモニア臭を発生させます。肉眼では、光の加減でキレイに見える壁や床でも日中と夜とで明らかに見え方が異なりますので定期的に掃除することが大切です。

トイレの中で臭いが気になる場合には一つずつ解決していかないと区別できないことが多くありますのでどうしても臭いが気になる時には水道業者に相談をしてみることが良いでしょう。


栃木県の水道修理業者
copyright©2021 修理隊(栃木県) all rights reserved.